海外から食品と道具を輸入


コノハナゼリーケーキの商品は海外から輸入しております。

 

コノハナゼリーケーキの商品がお客様のお手元に届く前にどのような経路を辿っているのか、海外からの食品と道具輸入の流れについてこちらに記載いたします。

 

私個人がゼリー作りを楽しむ場合は、商品は日本に入る際、通関後到着を待つのみですが、食品、食品に直接触れるものを販売する場合は日本に商品が到着しましたら、通関しないよう運送会社の方にお願いして商品を留め置いていただきます。

 

食品届の提出は輸入時に行われなくてはならないので、荷物が留め置かれずそのまま輸入された場合、その食品や道具を販売することができなくなってしまいます。

 

食品等輸入届出書(食品届)やその他の必要書類を提出後検疫を行っていただき、問題がなければ輸入食品等試験成績証明書を受け取ることができます。(商品の内容によっては検査が行われ、検査費用は数万円かかることもあります。運送業者によっては、こちらの手続きを代行でのみ取り扱う場合もあります。その場合は代行手数料もかかります。)

 

こちらの成績証明書と共に通関に進みます。

 

その後検査が行われる場合があります。(日数がかかる場合もあります。)

 

これらの手続きには数日かかり、税関での検査を終え、関税と消費税を支払い、やっと商品を受け取ることができます。

 

こちらの一連の作業を輸入の度に毎回行います。

 

日本の食品衛生法の基準に基づき、輸入食品や食品に触れるものを販売する場合はこちらの手続きと食品衛生責任者の資格が必要です。

 

コノハナゼリーケーキの商品もこれらの過程を経て、日本の食品衛生法に基づき日本での販売が認められた商品でございます。